ストレスは10%以内に

f:id:kazu-tabi:20180814081351j:plain

 

仕事をしていても、趣味をしていても、大なり小なりストレスを感じることはあります。一方で、何かに没頭していると、自分でも驚くほどの集中力を発揮することがありますが、一息ついた時、終わった時にはとてもない疲労感、エネルギー消費をしています。

 

私にとって、ストレスは百害あって一利あり程度です。ほぼ敵です。仕事でいうならば、ストレスを感じると仕事のモチベーション、能率、生産性、全てが落ちます。

 

感覚の話ですが、5%くらいのストレスならいいんです。

 

インターネットのスピードが遅ければ、ストレス値1%、ランチの時に、嫌いな上司と15分くらいの世間話をしたら、ストレス値5%、嫌いな上司やその他十数人の人の前でプレゼンをするのは、ストレス値30%、嫌いな上司に怒鳴られ説教が1時間続いたら、ストレス値70%です。

 

インターネットが遅いことや、嫌いな上司とのランチはストレス値がそこまで高くないので、継続的、日常的でもなんとか耐えられます。

 

しかし、プレゼンや説教などのストレス値が高いことが日常的に起こってくると、もう耐えられません。仕事終わりに酒に溺れたり、爆食いをしたりするなど、不健康なストレス発散方法をとったり、場合によっては仕事をやめてしまう可能性もあるでしょう。

 

人によって、ストレス要因は様々です。中には数十人を前にしてのプレゼンが全くストレスにならない人もいるはずです。

 

大切なことは、自分にとって何がストレスとなり、値はどれくらいで、ストレス値に対してどう対応するのか、ということです。

 

10%未満なら、大きい障害にはならないでしょう。しかし、20~30%以上が継続的に続くようなら、今の環境を変えたほうがいい。自分の我慢や対人スキルなどが足りないのではなく、環境が悪いのです。

 

f:id:kazu-tabi:20180410071231j:plain

 

そんな環境に長く身を置いていると、仕事の生産性も上がらず、不健康に、そして不幸になっていきます。しかも、徐々に変わっていくので、自分でも気づきづらい。

 

一方でエネルギー消費は、ストレスと種類が違います。ストレスはたまればたまるほど日々蓄積されていきますが、エネルギー消費は寝てしまえば全回復です。

 

仕事が楽しくて、没頭する。パソコンの前に数時間座って作業する、あるいは商談やプレゼン、営業など、対人のコミュニケーションを取る。

 

これがストレスではなく、没頭によるエネルギー消費ならば、夜寝てしまえばもうリセットなのです。

 

これは大変そうに見えて、実はストレス値はあまり高くありません。このような場合、仕事をやめてしまうというようなケースには至らないでしょう。

 

人によって、何にストレスがかかるかはバラバラです。それまでの経験を洗い出し、自分にとっての大きいストレス要因がなんなのかを見つけ、対策をしなくてはいけません。

 

以前、記事で書いた「ガマン」と似ていています。人生で成功している人や、幸せを強く感じている人も、少しのガマン、ストレスがあるはずですが、数値でいうなら、10%未満のは人が多いのではないでしょうか。

 

それ以外の90%の中に、夢中、没頭、エネルギー消費が含まれているんです。スポーツに没頭すれば疲れます。でも、それは快適な疲労感であり、不健康になるどころか、若く健康的になっていきます。

 

ストレスが多くかかってきたら、上手に逃げなくてはいけません。もし上司が原因なら、上司の上司に相談する。部署異動を願い出る。いっそのこと転職する。

 

自分の健康と幸せがかかっているんです。ストレスに体を蝕まれるわけにはいきません。

 

逃げる、が勝ち。逃げる、に価値。です。

 

では!

努力というコトバの二つの捉え方

f:id:kazu-tabi:20180812075914j:plain

 

「もっと努力して頑張らなくてはいけない」

 

よく学生時代に言われました。親や学校の先生、とにかく上の立場の人がよく使いますね。

 

しかし、中学生くらいまでは努力で何とかなることも多いのですが、高校生以上になると、通じなくなってくる場合があります。努力ではどうにもならないことが多いのです。

 

勉強だったら、5科の点数を伸ばすために、努力をします。机に向かって、ストレスまみれの問題集をひたすら解いていきます。

 

結果が悪ければ、親や先生に「努力が足りない」と怒られます。しかし、親や先生に怒られながら、いや嫌努力しても生まれる結果は目に見えています。

 

ただ、それでも努力して机にかじりつく時間が増えれば、それに比例して、多少は伸びる可能性はあるかもしれませんね。

 

これらの努力は、努力であり、努力ではありません。それは我慢です。

 

我慢が必要な時もあります。何かを始めた時、はじめは結果が出なくても、我慢して続けることでコツをつかみ、上手になったり、楽しくなってきたりする。その通りです。

 

ただ、一定のところまできたら、もう我慢では通用しません。まず、そもそも我慢が続きません。我慢とはスタートダッシュであり、継続的に続くものではないからです。

 

英語を学ぼうと思い、嫌いな文法や単語の暗記をしても、数日、数週間で挫折します。

 

f:id:kazu-tabi:20180812080004j:plain

 

ランニングが心から嫌いなら、人生最後のマラソンは高校のマラソン大会が最後になるでしょうか。大人になってから、自分で走ろうなんて絶対に思いません。

 

同じく、数学が嫌いなら、大人になってから数学を勉強しようなんて思いません。電卓でいいじゃん!で終わりです。

 

そう、嫌いことは確実に挫折するし、我慢は続かないのです。

 

勉強や仕事がうまくいかなかったり、嫌だったり、先生や上司から「努力が足りない」と言われているうちは、成功する確率は低い!

 

成功している人はほぼ確実に努力しています。ですが、その努力は我慢ではなく、「夢中」、「没頭」です。

 

努力とはこの我慢と夢中の両方の意味を持つのでみんなとにかく頑張ろうとする。しかし、とにかく頑張るのではうまくいきません。

 

自分が夢中になれる分野にシフトを変えなくてはいけないのです。単純な話で、ランニングが嫌な人は、走る努力をするのではなく、英語や数学をやればいいんです。その逆もまた然り。

 

苦手なことから逃げ、得意なことや好きなことをする。すると、自分では努力しているつもりはないのに、周囲から「頑張ってるね!」と言われます。

 

!?

 

頑張ってないけど。好きなこと得意なことに没頭している時っていいですよね。自分的には頑張ってないのに、周りからは頑張っていると言ってもらえるんだから。

 

だから、頑張ってもうまくいっていない人は、より一層の努力(我慢)ではなく、別の努力(夢中)を探すべきです。

 

夢中な努力をしている人でも、多少の我慢な努力はしているはずですけどね。でも、9:1か、8:2くらいではないでしょうか。これが逆の割合になっている人がとても多い。これはもったいないと思うんです。

 

我慢の努力は中3までです。一度は我慢の時期を持っておかないと、自分は何がどれくらい我慢できて、何が我慢できないのかわかりません。

 

中学と同時に我慢の卒業をしたら、夢中の努力をたくさん試してみましょう。以前、記事に書きましたが、人生をドラクエのようなゲームに例えるなら、技「ガマン」では、倒せる敵の数に限界があります。

 

でも、魔法「ムチュー」なら、倒せる敵に限界がありません。たくさん試して、どこでいつ、何をすれば、魔法「ムチュー」を会得できるのか。

 

さあ、冒険です。

 

では!

寿司屋に週7、1512円!? 1食9分!?

f:id:kazu-tabi:20180811151459j:plain

 

プチ自慢です。私は毎日、寿司屋に行き、自分以外誰もいないカウンターで、すしを楽しんでいます。

 

こう聞くと、なんだか贅沢な金持ちか!という感じもしますが、正直、あまり羨ましがってはもらえないでしょう。

 

確かに毎日すし屋に行きます。しかし、私が1食で食べるのは2皿です。

 

サーモンといわしか、サーモンとアジか、…そんな組み合わせで2皿しか食べないのです。たまに3皿食べてしまいます。

 

2皿なので、1食でかかるのは

 

¥108 × 2 = ¥216

 

毎日行ったとしても、×7で1週間:¥1512です。この話を友人に自慢げに話したところ、「羨ましくない…」と同情感漂うテンションで言われました。

 

もちろんお腹いっぱいになるわけありません。私は細身だと言われますが、基本的にそこまで少食ではなく、ラーメンやカレーなど、一般ピーポーくらいは食べます。

 

でも、すしの場合は毎日行くので、量的贅沢はできません。私は頻度的贅沢を楽しんでいるんです。

 

普通は、一ヶ月に一度くらいで、10皿くらいが平均と言えるでしょうか。

 

ただ、10皿食べると、結構お腹いっぱいになります。少なくとも8分目まで行ったな、という感覚です。

 

そうすると、多少眠たくなったりします。しかし、私は朝のカフェの後、勉強やブログ更新の合間に少し休憩がてら、ブランチを楽しむ程度の感覚です。

 

食べ終わったら、またすぐに集中して取り組みたいことが多いので、お腹いっぱいに眠たくなりたくない。

 

そんなことを考えていると、すし屋で2皿が、私の中のブランチ最適解なんです。

 

ちなみに、よく行くおすし屋さんは10:30開店です。開店と同時に入店し、着席。すぐにサーモン&いわしを機械操作で注文し、待っている間にお茶と、醤油、お箸を準備。お手拭きで手を拭いて、準備完了です。

 

注文してから2分ですしが到着し、食べるのに5分。お茶を飲み干したら、すぐにお会計です。お腹には2皿分のすししか入らないので、すぐに動けます。

 

会計はスイカで完了。お店を出るのは、10:39分です。1食2皿216円9分で任務完了。

 

さあ、みなさん。毎日お寿司を食べる私が羨ましいでしょう!?

 

 

では!

マンガ「ドラゴン桜2」が連載していた…

f:id:kazu-tabi:20180810084141j:plain

 

マンガと教育の中間ゾーン

 

昔、阿部寛さん主演のドラゴン桜にハマりました。偏差値30の高校生が弁護士、桜木健二の活躍によって東大に合格を果たす、そんなストーリーです。

 

先日、本屋で見かけた雑誌にドラゴン桜のマンガ版、桜木健二の絵が表紙に使われていたため「お、教育関連の記事の特集でドラゴン桜を使っているのかな」と思ったら、なんとドラゴン桜2が今年初めから連載が始まっていたことを知りました!

 

実際、その雑誌は教育関連記事の特集でドラゴン桜を使っていたわけですが、やはりマンガだと目を引きますし、昔ドラマをやっていたのでなおさらです。

 

最近、マンガが雑誌や本の表紙になっている書籍が増えてきました。やはり活字だけだとあまり読む気がしなくても、表現方法がマンガになるとわかりやすく、面白いので読みやすい。

 

マンガではなくとも、やはり写真やイラストなどが効果的に使われている書籍は読みやすくていいですよね。

 

私はメンズですが、雑誌「日経ウーマン」をよく読みます。初めて日経ウーマンを読み始めた当時は、バックナンバーをまとめ買いしたほどです。

 

とにかく構成が上手なんです。お金や節約術、習い事、本、健康などの情報を、有名な女優さんの表紙や、写真、イラストをとても上手に使ってとても魅力的に仕上げられている。

 

f:id:kazu-tabi:20180810083938j:plain

 

話を戻しますが、ドラゴン桜はマンガでありながら、教育本でもあります。そんな機能性を持った教育マンガは、今後増えてくるでしょうし、増えていくべきです。

 

日本はこれだけマンガのクオリティが高いのですから、それを教育や経済分野にも生かした方がいい。

 

スポーツだって、マンガを読んで始める人がとても多い。当時、バスケットを始めた人の多くは「スラムダンク」を読み始めたから。サッカーを始めた子が多かったのは、「キャプテン翼」の影響が大きい。

 

マンガではありませんが、映画になった「ビリギャル」の効果は大きく、勉強への取り組み方を参考にした人は多かったはずです。

 

基本的に勉強は退屈で大変だと感じている子供は多い。ですが、マンガや映画などがモチベーションとなり、目標を持って戦略的に取り組むことで、自分なりの成功パターンや勉強の面白さを発見できる子供もいます。

 

マンガを描くことは簡単ではないかもしれませんが、タブレットが浸透し、機能性の高いタブレット用のスタイラスペンを使うことで、いつどこでもイラストやマンガが描けるようになりました。

 

イラストレーターや漫画家人口が高まれば、さらにクオリティの高い出版物も増え、ひいては教育、経済業界もエンタ性溢れる楽しいものとなっていくはずです。

 

ドラゴン桜2はまだ始まったばかりです。もしかしたら、再びドラマされる日が来るのでは…と、密かに期待を寄せている今日この頃です!

 

では!

 

さんまさんがCM!?外国語翻訳機「ポケトーク」とは

 

f:id:kazu-tabi:20180809082915j:plain

 

まさかのさんまさんが広告に!?と、びっくりしました。

 

ポケトークは文字通りポケットサイズの瞬間翻訳機で、以前私が記事で紹介したことのあるili(イリー)のような翻訳機です。

 

これからどんどん増えていくでしょう。はじめに翻訳の革命を感じたのはグーグル翻訳の急激な翻訳機能のレベルアップです。その次がGoogle Pixel 2のearbuds、そして、今回のili、ポケトークです。

 

ここ1~2年以内に翻訳機能に関して、これだけのテクノロジー革新が起こりました。これからこの流れは加速し、さらに機能性に優れた翻訳機が生まれてくるでしょう。

 

私は2年ほど前から、英語の最大賞味期限は2020年くらいまでではないか、と予測しています。私は未来学者でもなんでもありません。ただ、これだけ翻訳機能の向上が図られる中、英語ができないとビジネスができない、ということはない、と感じるのです。

 

日本は他の国に比べ、経済やテクノロジーの新陳代謝が遅いですが、それでも、ビジネスの現状、ニーズが大学やそれ以前の教育現場にも影響を与えます。

 

10年ほど前に、楽天が社内公用語を英語にしたことがニュースになると、英語教育の需要は増え、英検やTOEICTOEFLへの需要も増えていきました。

 

まるで英語ができないとビジネスができない、というような図式が出来上がりつつあったんですね。

 

近年、外国人観光客の数も増え続けており、極めつけの2020年東京オリンピックです。外国語の必要性が謳われ、早速2020年から英語の必修化が小学校でも始まります。

 

これだけの英語熱。英語教室も活況です。

 

しかし、これからの外国語教育の関して、最も考えなくてはいけないのはテクノロジーの進化です。

 

翻訳機があれば、瞬間的に外国語に訳されます。そしてその機能性はさらに向上していきます。

 

こんな話を周囲の人にすると、「でも、自分のコトバで話せた方がいい」という回答が多い。ごもっともです。

 

自分で外国語を勉強して、ペラペラになり、自分が操る外国語で語れればそれがベストでしょう。

 

では、周囲に外国語がペラペラな人間が、外国語を母国語のように語れる人間がどれだけいるでしょうか?

 

 

 

TOEIC800、英検準1級を取っても、それでもまだ英語を母国語のようにしゃべることはできません。英語を堪能に、というレベルのためには、5000時間以上の学習は必要です。

 

f:id:kazu-tabi:20180809082907j:plain

 

それだけの学習ができるでしょうか?特に大人になって学校にもいかなくなった大人が、日々、仕事や家庭に忙しい中でそれだけの学習時間が確保できるでしょうか?

 

もちろん外国語がペラペラになれれば、言うことはありません。しかし、それは、車に乗るなら、最高級のベンツがいい!と言うのと同じことです。そりゃあ、自転車に乗るよりも、ベンツの方がいいでしょう。

 

でも、最高級のベンツに乗るためには1000万かかります。みんなそこまではお金を払えないので、自転車になってるんです。あるいは、100~200万の車に乗るんです。

 

つまり、お伝えしたいのは、語学は甘くない!ということです。その上で機能性の優れた翻訳機が出てくるのであれば、「別に無理をして外国語を頑張る必要はない」と思う人もこれから増えていくはずなのです。

 

ただ、外国語学習がなくなることはありません。あったとしても数百年後だと予想します。

 

プログラミングやコンピュータ言語の基本は英語であり、アルファベットの羅列です。対人コミュニケーションだけでなく、書籍やネット情報を外国語で読むことのできる読解能力が必要になる場合も多い。

 

医師は英語での論文が読めて、英語で論文を書くことは必須の能力ですし、東ロボをはじめとするAIロボットでも、東大レベルの英語問題は高得点が取れません。

 

今の時点から数十年後までは、外国語学習が消えることはまずなく、最低限の外国語リテラシーは必要になります。

 

ただ、「今の時代、英語ができないと困る」そんなことはない、とだけ言いたいんです。

 

外国語が得意な人、好きな人。実際に海外にいる人。外国語を使って、何かを表現したい人など、外国語を武器にしたい人は、どんどん外国語をやるべきです。

 

ここまで、英語ではなく、外国語という表記を多く使ったのは、英語だけではなく、他の言語も多く存在するからです。

 

実際、世界人口でいえば、中国語を使う人は数十億人いますし、日本に訪れる人の多くはアジアの人が多いので、韓国語、タイ語ベトナム語など、母国語の種類は多くあります。

 

仮に英語が堪能な日本人が、英語が話せない外国人の方とコミュニケーションをとるとしたら、どうするでしょう?

きっと、翻訳機に頼るはずです。

 

それだけ翻訳機は便利なものです。実際にポケトークの対応言語は74言語。

 

…と、ここまでこれだけ語ってきましたが、おそらく、そう遠くないうちに、翻訳機すら需要は減っていきます。

 

なぜなら、スマホがあるからです。翻訳機の機能が向上すれば、それはやがてアプリ化され、スマホの機能に吸収されます。カメラやその他、あらゆるデバイススマホに吸収されてきた過去を振り返れば明白です。

 

スマホはいずれスマートグラスとなり、目が悪いわけでもないのに、誰もがスマホ機能のついたメガネをするようになります。そのスマートグラスには、iliやポケトークのような翻訳機能が内蔵されます。

 

翻訳機ではなく、翻訳機能だけが残っていくんですね。

 

そんな時代が遠くないうちにやってくるのに、英語に苦しい思いをしなくてもいい。外国語が好きな人だけ、海外にいる人や、外国語に自然と触れる環境にいる人だけ、やればいいんです。あとは、小中高くらいまでは最低限のリテラシーだけ身につけておく。

 

最も大切なのは、ビジネスのため、自分の好きなことをするために、嫌いなことを我慢してやるのではなく、最新テクノロジーを最大限利用する、ということです。

 

では。

スマホが割れた!修理にかかる金額は…

f:id:kazu-tabi:20180808081906j:plain

 

もう…

 

バキバキ…

 

心に龍槌閃(りゅうついせん)をくらいました。

 

私はスマホはカバーをつけない派なんです。ですが、先日、スマホをバッグから取り出そうとした時にふいに落としてしまいました。

 

一瞬、「もう死のう」と思いましたが、いやいや、そんなことで死んではいけないと思い、我にかえりました。

 

そんなこともあります。とりあえず当面はほうっておこうと思ったのですが、何せ画面が見づらくてしょうがない。

 

Phone6なので、いっそのこと買い換えようかな、と思いました。iPhone Xも欲しかったし。

 

でも、それこそ高い出費になります。iPhone Xを買おうと思ったら10万くらいかかるわけです。…修理だ!という考えに至り、千葉県印西市スマホ修理屋さんを探します。

 

グーグルマップで印西市内で何店舗あるのかな、と思い検索。10店舗くらいかな、と思い検索してみると、…なんと1店舗。おいおい。

 

10万人住む街に1店だけ!?

 

まあ、1店でもあったならいいか。実際に足を運んで行ってみました。値段を聞いてみると、iPhone6はだいたい8000円くらいで直せるとのことだったので、一瞬迷いましたが、直してもらうことにしました。

 

40分後、店にスマホを取りに戻ると、そこには生まれ変わったスマホがありました。これは8000円だな、と思いました。いや、ほんと。

 

ネットで軽く調べたのですが、スマホは画面がバキバキに割れた状態で使っていると、そもそも画面が映らなくなったり、本当に壊れてしまう可能性が高くなるそうです。

 

f:id:kazu-tabi:20180429120845j:plain

 

それと、画面保護のシートやガラスをつけていても、スマホの弱点は角っこらしいのです。なので、画面シートよりも、やはりしっかりとケースにいれておくことがタイセツ。

 

電車に乗っていると、スマホ画面バキバキで使っている高校生がいますが、危ないですよ!タイセツなスマホなら、直してあげましょう!

 

もはやスマホは自分の分身。AIがさらに進化し、Siri機能が向上すれば、なおさら生活に欠かせないものになっていきます。なのに、なぜ印西市スマホ修理のお店が1店舗しかないのか…。

 

まあ、スマホを買った店舗で修理をお願いできたり、iPhoneならアップルにお願いすれば修理してもらえるようですが、それでも専門のお店はもっとあってしかるべきだと思いますが。

 

皆さんも、スマホはタイセツに扱ってあげてくださいね!

 

では!

時間の因数分解〜60歳以降〜

f:id:kazu-tabi:20180807085216j:plain

 

60歳以降に関しては、人それぞれ…でしょうか。

 

将来的には100年ライフになり、60歳以降も働く方が増えます。そうなった場合は、スキルの習得や複業を続けることも必要になってくるでしょう。

 

今の時代と違い、数十年後にはあらゆる仕事がなくなり、収入は不安定になるのが当たり前となっていきます。

 

一方で転職、起業、複業の自由が広がり、リスクヘッジ(危機回避)をすることもできるようにもなっていく。

 

そうなれば、自然と働く期間も伸びていきます。70,80歳になっても働いている人が多くなっていきます。

 

ただその年齢層になってから負荷の大きい肉体労働をすることは厳しいので、若い人やロボットが活躍してくれるようになります。むしろロボットを操作する側の労働となっていくのではないでしょうか。

 

ですが、今の時点(2020年より前で)で60歳を過ぎているならば、仕事の第一線から退き、貯金もたまっていて、年金も一定額もらえる世代です。

 

望まないのであれば、新しく仕事をする必要はないでしょう。趣味を楽しんだり、家族や友人と楽しく過ごすことが一番の幸せになる人が多いのではないでしょうか。

 

時代によって、条件は変わります。今の高年齢世代と、将来の高年齢世代は大きく違ってくるので、そのあたりを考えながら、ライフプランを練っていけば良いと思います。

 

時間の因数分解をしてみて

 

各世代を因数分解し、これからの100年ライフに何をしていったら良いのかを考え、書いてみました。

 

とにかくこれからは変化の多い時代です。今までの考えや仕組みが時代に合わなければ、どんどん淘汰され、新しい波に飲み込まれます。

 

特に今の子供たちを取りまく教育環境はあまりにも古いと感じます。個性が重んじられていくこれからの時代に、教師が一人でクラス数十人を教えていくことは、非効率です。

 

f:id:kazu-tabi:20180807085334j:plain

 

特に都市部では中受験組が増え、学校の授業よりもはるか先の内容を先取り学習するために塾に行かせる親がどんどん増えています。

 

学校の知識詰め込み授業はすべてタブレットの動画授業やキュビナをはじめとする人工知能内蔵型学習アプリで生徒ごとの個性、能力、関心に沿った内容で進めるべきです。

 

動画授業なら、わからないところがあれば、巻き戻して、繰り返し一流教師の授業を見て、理解することができます。それでも分からなければ、先生に個別で聞くようにすればいいだけです。

 

ただ、集団授業がなくなるわけではありません。得た知識を使うためにディスカッション形式の授業を行うことでアウトプットの練習になります。それは個別や家庭学習ではできないことです。

 

知識習得が効率的、個別的、そしてアウトプット的に体得できれば、あとは新しいアプリやホームページを自分で作ったり、好きな音楽を作曲してみたり、好きなイラストを描いてみたり、外国語や翻訳を使って世界の人たちとスカイプコミュニケーションをして、異文化理解を深めたりといった、マルチアウトプット型の学習が可能になっていきます。

 

それと、学生時代までに職場体験がなさすぎます。少しずつ増えていますが、本当に少しずつです。小学生なら週に1度、中学生なら1、2年次に夏休み期間などを利用して1~2か月の長期インターン、高校、大学はさらに長期のインターンを使い、勉強しながら働くという形にしていくべきではないでしょうか。

 

大卒まで22年間、勉強だけして全く働いたことがないのに、就職した途端に勉強がなくなり、働くだけの日々。ギャップ激しすぎです…。

 

大人は働きすぎです。残業している時間があるなら、業務効率化のための本でも読んで勉強会でもやった方がいいんじゃないか、と思います。

 

100年ライフで寿命が伸びていく。それならば、漠然と100年を生きるのではなく、それぞれの世代、年齢でやりたいこと、やるべきことを計画し、人生設計をしっかり立てて航海をしていかなくては、いつか後悔…します。

 

しかも、今までにない方法で。新しいテクノロジーがどんどん生まれ、誰も答えを持っていない時代に突入です。自分で考え、オリジナルに幸せになっていく方法を実践していける人が、後悔しない人生を歩めるのだと思います。

 

社会の新陳代謝が起きている中、それぞれの世代が何をしていけばいいのか。それぞれの世代を取り巻く環境がどう変わっていくべきか、どうあるべきかを考えていく時です。

 

「勉強と研究の違い。勉強は、誰かが作った教科書で学ぶこと。研究とは自分で教科書を作ること。」筑波大学学長補佐の落合陽一氏の言葉です。

 

社会と時代を勉強し、自分の好き、得意、やりたいことに落とし込んで、深めていく。今は、そんな研究の時代に入っているのではないでしょうか。

 

では!