AIによって消えにくい仕事:美容師

f:id:kazu-tabi:20180621073413j:plain

 

妻は高校生の時から美容師をしています。最近、職場を変え、高校の時の友人が経営しているお店に転職をしました。

 

すでに自宅から近かった職場ですが、今度はさらに近くになり、自転車で7分で着いてしまいます。

 

朝は8時半前に家を出て、出勤。帰りは7時くらいです。週に3回程度はヨガをして帰り、夜は10時に寝て、朝は6時に起きます。

 

数年前から美容師として独立しているので、収入はお客様の数に比例します。他の人が経営するお店で働いているのに、独立しているって面白いですよね!

 

我が妻ながら、いろんな意味において自由だな、と思います。

 

それもこれも、高校の時に「これだ!」と思った仕事が美容師で、そこに向かってまっすぐ走ってきたからだと思います。世の中、自分の好きなこと、得意なこと、波長の合う仕事を探していくわけですが、なかなかそういうことに出会えない人も多いハズ。

 

学生時代は嫌いな勉強と受験を乗り越え、好きでもない職に就き、満員電車に揺られ、家に帰るとうんざりする妻、夫に疲れる日々。自分の時間はほとんど持てず、年をただただとっていく。

 

そんな日々を送っている方も多いのではないでしょうか。

 

じゃあ、ひとりひとりがどうすればいいのか、といえば千差万別。誰にでも当てはまる処方箋なんてありません。ひとりひとり違うんです。

 

f:id:kazu-tabi:20180526075806j:plain

 

学生なら、なんとなくスマホゲームをいじるのではなく、プログラミングを勉強して、好きなゲームアプリを作る。就活生なら、就活をするよりむしろインターンをしてみる。社会人2年目なら、将来の独立に備えて、自分の得意なこと、伸ばしたいスキルを考え抜いて、仕事外に勉強してみる。

 

何かを変えたいと思うなら、具体的な何かを変えなくてはいけません。具体的に動かなくてはいけません。まずは、今日中にできることから。できたら、「できたノート」を作り、できたことを綴っていきましょう。小学生みたいですが、これを実際にやっている人が、自分を望み通りに変えられる人です。

 

小さいことからやってみる。2年後、いや、1年後には形に見える「何か」が変わっているかもしれません。

 

AI、ロボット時代に突入し、ネガティブにいえば、仕事は日々、機械に奪われています。私たちは人間にしかできないようなスキルを使い、それを仕事に生かさなくてはいけません。

 

 

f:id:kazu-tabi:20180502073705j:plain



美容師はAIや機械には代替されにくい仕事だと言われています。もちろん、高校生の時、妻はそんな未来を予測して美容師になったわけではないと思いますが…。

 

 

 

ただ、機械によって奪われやすい仕事がどんなタイプの仕事なのかは知っておいても良いかもしれません。それは就活や、将来へのキャリアプランにも大いに役立つはずです。

江ノ島までドライブ!往復で9時間

f:id:kazu-tabi:20180620090539j:plain

 

先日、江ノ島まで行ってきました。知らなかったんですが、江ノ島って独立してる島なんですね!千葉の九十九里みたいに、ただの浜かと思ってました。

 

もともと江ノ島に行く予定なんて全くなかったのですが、地元の友達からラインが入り、「明日、江ノ島しらす食べに行かない?」とメッセージが入ったんです。

 

 

「よっしゃ行こう!」ということになり、翌日地元である千葉県の銚子から車を走らせて印西まで来てくれました!

 

 

さあ、ナビを設定して旅路のはじまりです。予定では片道3時間ほどでしたが、走ってみると高速の渋滞にはまり、4時間近くかかってしまいました。8時45分に出発し、江ノ島に着いたのは12時半過ぎ。

 

 

人気のしらす丼のお店はすでに行列が出来ているほどの盛況ぶりでした。なぜ、しらすにこんなにも行列が…。実は、私、今までしらす丼なるものを食べたことがありませんでした。しらすってそんなうまいのか…?とかなり疑心暗鬼。

 

 

実際食べてみて、その評価はというと…C-くらいでした。私は食べ物に対して勝手にS~Fの食べ物評価をするんです。別にグルメでもなんでもないのですが…。

 

f:id:kazu-tabi:20180620090142j:plain

 

私はしらすだけがメインのどんぶりを頼んだのですが、他の人が頼んでいた、しらす+いくら+サーモンの3食丼のほうがおいしそうでした。そっちにすればよかったかなと、少し後悔。

 

 

とにかく江ノ島へのドライブと、しらす丼を堪能でき、満足の1日となりました。やっぱりずっと家にこもっていると負のオーラが溜まってしまって、ダメですね。たまには外に出かけないと!

 

社会人になると、平日は仕事、休日は家族サービス、というふうに、行動がある程度決まって来てしまいます。今回、私を江ノ島に誘ってくれた友達は、平日は仕事をしていますが、休みの日はけっこう遠いところまで出かけていくようで、今回は江ノ島だったわけですね。

 

 

家族を持ったとしても、独身だったとしても、ある程度は「身軽」に行動できるようにしておきたいものです。私は江ノ島の日に夕方から仕事だったので、夕方前までは自由に動くことができました。

 

 

もし、その友達が私を誘ってくれなかったら、もし、私がフットワーク軽く行動できなければ、私は生涯、江ノ島に行くことも、しらす丼を食べることもなく人生を終えていたかもしれないんです。(大げさかもしれませんが…)

 

 

ちなみに生しらすって、しらすの色が、なんというかグレイなんですね。しらすと聞いて、白いのかと決めつけていました。

 

 

では、では。

人間が変われる3つの方法

f:id:kazu-tabi:20180526075806j:plain

 

経営コンサルタントであり、起業家である大前研一さん。ビジネスに関わる日本人なら少なくとも1度は聞いたことがあるはず。そんな大前研一さんのコトバを紹介したいと思います。

 

人間が変わる方法は3つしかない。1番目は時間配分を変える。2番目は住む場所を変える。3番目はつきあう人を変える。この3つの要素でしか人間は変わらない。最も無意味なのは「決意を新たにする」ことだ。

 

 

①時間配分

企業勤めなら、1日8時間は会社に拘束されるはずです。でも、自分を変える、現状を変える、そのためには何かを変えなくてはいけない。何を変えるか。それは時間配分です。

 

小さいことかもしれませんが、例えば朝時間と夜時間の変換はどうでしょうか。いつも7時に起きているなら、5時起きにしてみる。夜12時就寝なら、10時就寝にしてみる。これなら1日24時間は変わりません。

 

なぜこんなことをするのか。なぜなら同じ時間でも、朝と夜では生産性が大きく異なるからです。朝の方が脳は活性化され、記憶力も思考力もパフォーマンスは抜群です。仕事が終わった後に同僚と飲みに行くのであれば、それをやめて、朝早起きをした後に一人でスタバに行って、本を読んでみる。

 

同僚と飲みに行くことでストレスが発散されるかもしれません。一方で、読書をすることで視野が広がったり、ビジネスに関わる知識を得ることができる。それぞれメリットがあります。しかし、今まで同じ時間の使い方をしてきて自分に変化が感じられないのであれば、時間配分を変えることです。

 

②住む場所を変える

 

これは絶大です。住む場所を変えることであらゆることが変わります。自然の多い田舎か、変化が多く便利な点が多い都市部か。アパート・マンションか、一軒家か。日本か海外か。住む場所を考える上では多くの要素がありますが、どれも自分に大きく影響を与えるものです。

 

職場まで片道通勤1時間かかっていた場合、往復で2時間です。もし職場まで徒歩5分の場所に引っ越したとしたら、毎日2時間の使い方が変わります。いっそのこと仕事を変えて田舎に引っ越せば、毎日目にするものが、都会のビルから、田舎の緑多い公園の自然になるかもしれません。

 

f:id:kazu-tabi:20180526075827j:plain

 

森林浴の効果は大きく、日々のストレスを癒してくれます。町も静かでしょう。日々の環境が自分に与える影響は、とても大きいものです。英語を勉強しようと思ったら、留学してしまうことが手っ取り早いです。環境が自分を変えてくれるからです。自分を変えるには、自分を変えようとするのではなく、「周囲に変えてもらう」のが一番です。そのためには住む場所を変える効果は大きいわけですね。

 

住む場所を変えることで結果としては、通勤電車の例であったように、時間配分も変わります。おそらく付き合う人も変わります。つまり、住む場所を変えることで全て変わるわけです。引っ越すというハードルは高いものの、その分、自分への影響力は絶大なものとなります。

 

③つきあう人を変える

 

Dropboxを作ったドリューヒューストンがMITでのスピーチで、人生において大切なのは「テニスボール、サークル、30,000」の3つだと言いました。テニスボールは夢中になれること。サークルはつきあう人。30,000は平均寿命で生きる人の人生を日数で数えた数字です。

 

これらのうち、つきあう人のことをサークルと表したわけですが、ドリューヒューストンは「人はつきあう5人の平均になる」と話しています。それは、嗜好、能力、収入、あらゆる点でそうなっていくと。

 

f:id:kazu-tabi:20180526075852j:plain

 

つまり、目標とする人がいるなら、その人と関わるようにすればいいわけですね。すると、その人の考え方や生き方が自分に影響を与えてくれる。もし、その人が有名人などでなかなか知り合えない存在だとしても、ブログを見たり、本を読んだり、講演会やライブに行ったりするなどすれば、一方的にせよ、影響を受けることができるはずです。

 

逆に、例えば人の悪口ばかり言っている人とつるめば、自分もそういう人になっていきます。タバコを吸う人のそばにいれば、自分もタバコを吸うようになり、ギャンブルが好きな友達が周囲にいれば、自分もギャンブル好きになるはずです。

 

大切なのは、今どんな友達が身近にいるのか、ではなく、自分の大切な人生の中の貴重な時間を、誰と過ごすのかをこれからどう選んでいくのか、ということです。

 

人類70億人と付き合っていくことはできません。自分に良い影響を与えてくれる存在。一緒にいて心から楽しいと思えるような存在。そんな人を見つけることができれば、人生は何倍も楽しいものになるはずです。

 

④最後に

 

人が一番変われない考え方、それは「決意を新たにすること」です。これは思うだけで、何も具体的な行動に移らないからですね。時間配分であれば、スケジュールを変えたり、つきあう人を変えるであれば、今まで連絡していなかった人に自分から連絡してみる、など具体的に自分を変えるための行動をします。

 

しかし、決意を新たにすることは、すぐに行動をとりません。これからの自分が自分を変えてくれると勝手に信じているだけです。今の自分が未来の自分につながるのですから、今すぐの自分が(行動が)変われなければ、何も変われません。

まずは何事も小さい一歩から。具体的にしていきましょう。せめていつもより1時間早起きして、スタバで本を読んでみるのはどうでしょうか!テンション上がります。

「マンガでわかる ディズニーそうじの神様が教えてくれたこと」を読んで

f:id:kazu-tabi:20180525064209j:plain

 

最近、本当に増えてきたこの「マンガでわかる」シリーズ。だって、読みやすいんだもの。

 

もちろん小説など活字だからこその醍醐味はあると思います。でも、世の中には活字ばかりだと頭が痛くなってしまう人もいるんです。そんな人たちが本屋さんで手に取り始めたのが、「マンガでわかるシリーズ」です。

 

本当の漫画だとビニールという壁が立ちはだかりますが、マンガでわかるシリーズは基本的にジャンルがビジネス本・自己啓発本です。棚も漫画ではなく、ビジネス本の棚に置いてあるのでビニール包装はされておらず、気軽に手にとって読むことができます。

 

そんなマンガで読むシリーズの中で目に留まったのが、「マンガでわかる ディズニーそうじの神様が教えてくれたこと」です。ビジネス書・自己啓発書で出ていたものがマンガ化され、読みやすくなりました。

 

マンガ化されていても、ところどころに解説のページが用意されています。と言っても2〜3ページなので、スラスラ読めてしまいます。ここが重要!!

 

f:id:kazu-tabi:20180525064351j:plain

 

つまり、2〜3ページなら読めてしまうんです。ニンジンが嫌いでも、カレーライスに入っていれば食べてしまうわけです。このバランス感覚が大切です。

 

この「マンガでわかる ディズニーそうじの神様が教えてくれたこと」ですが、ディズニーでは「落ちたポップコーンを食べられるくらい綺麗にする」という信念で清掃をしているそうです。

 

確かにディズニーっていつ、何時に行っても綺麗ですよね。何人もカストーディアルの方がいらして、颯爽と清掃をしている。おそらく清掃にかける時間と回数は、群を抜いているのではないでしょうか。

 

トイレに至っては、常にトイレの中に清掃員の方がいるのではないかと思うくらいの常駐ぶり。トイレが好きなのか!?とツッコんでしまうほどです。

 

でも、これほどの徹底ぶり、そして清掃に対する捉え方を他の企業は習うべきだと思います。

 

中には清掃の格好をして、パフォーマンスやダンスをするような方もいらっしゃいます。そのパフォーマンスが面白いので、お客さんがショーやアトラクションではなく、清掃の方を追いかけて行ってしまう結果になることも。

 

ディズニーは遊園地ではなく、あくまで夢の国なのですね。夢の国にゴミ一つ落ちていてはいけない。私はディズニーに行くと、ショーやアトラクションよりも、丁寧に手入れされている庭や、カストーディアルの方々ばかり見てしまいます。習うべきこと、感心してしまうことが多いからです。

 

直接ディズニーに行くのも良いのですが、ディズニーの映画をたくさん見ておいたり、関連書籍などを読んでディズニーの知識や歴史、物語を知っておいてから行くのも、楽しみ方の一つだと思います。

 

 

 

ブログでお金も稼げちゃう!?「note」ご存知ですか?

f:id:kazu-tabi:20180524134205j:plain

 

本を読んだり、ネットサーフィンをしていると最近よく目にする言葉「note」

なんだろうな〜と思って調べてみました。すると…

 

・コンテンツの売買ができる!

・記事(ブログ)、画像、音楽、動画など扱うコンテンツのバラエティーが豊富

 

詳しく知りたい方はこちらへ。

note.mu

 

自分で値段を決められる、という点も画期的で、100円〜10,000円の幅で設定可能です。しかも途中で値段の変更もできます。運営する側からすれば、適正価格の設定など、マーケット感覚を養いながらビジネスを展開することができますね。

 

ただ、基本的にはブログやメルマガなどの延長と考えた方がいいかもしれません。ブログをやっている方なら肌で感じとれるかもしれませんが、コンテンツを有料で売るためには、相当の実力が必要です。

 

正直、無料コンテンツですら、読んでもらえるようになるまでに時間と手間、研究が欠かせません。それを有料で売ろうと思ったら、さらに大変です。

 

有名人や知名度のある方なら、ツイッターフェイスブックなどで拡散を図るだけでnoteなどの有料コンテンツを買ってもらえるかもしれません。しかし、一般の人で知名度もない方がnoteなどで有料コンテンツを販売しようと思っても、すぐにお金を稼ぐことは大変でしょう。

 

ただ、素人でも力を入れて作った記事がいくつか売れて、月に数千円稼いだという話は聞こえてくるので、少しのお小遣い稼ぎという意味では良いかもしれません。投稿し続けることで、文章力が磨かれたり、魅力的なコンテンツの見せ方などのコツがつかめるようになってくれば、もっと稼げるようになるかもしれません。

 

f:id:kazu-tabi:20180524134317j:plain

 

何よりも、自分の得意や好きを生かすプラットフォームとしては最適ではないでしょうか。ブログで収入を得ようとする場合、記事を量産して、広告を貼り付けてなどのステップを踏むことになります。

 

しかし、noteであればブログなどのコンテンツ自体が金銭を生む(価値を生む)ものになるので、純粋に商品の勝負となります。テレビやネットの有料コンテンツ動画のようなものですね。netflixやHuluはお金を払うことで広告を見ずに好きなコンテンツを楽しむことができますから。

 

それを個人が投稿できるコンテンツを、お金を払って楽しもうというわけです。コンテンツを提供する側としては、今まで以上にしのぎを削る戦いになるかもしれません。

 

しかし、noteはブログなどの記事だけではなく、画像、音楽、動画も投稿可能です。写真を撮るのが好きな人、歌を歌うのが好きだったり、モノマネが得意な人、動画を撮って、編集をするのが得意な人。様々な好きや得意の形があり、それは人それぞれです。

 

ブログと写真を組み合わせたり、動画を編集して、言葉をのせたりとたくさんの編集や組み合わせが可能となります。今まではYou Tubeなどを使っていた人でも、直接値段を設定して売買できることでnoteに移行する人も出てくるでしょう。

 

各々が自分の好きなことや得意なことに本気になれるという意味では、時代に即した個人最適化プラットフォームなのではないでしょうか。

 

これからは、こうしたプラットフォームは次々に登場するでしょう。価値を生む人と、価値を求める人が直接的に繋がっていくようになります。

 

noteの理念は「つくる、つながる、とどける。」です。AIが世界を自由にし、シェアエコノミーが本格化していく中、売る人と買う人が直接「つながる」モデルとなりました。

 

買う人は、買うだけでなく、モノ作りをして売る側に回ることもできるので、価値を生み合うことができます。

 

自分が好きなことや得意なことに切磋琢磨していれば、noteようなすでに生まれたプラットフォームにのり、自分が作った価値を世の中に広めることもできます。

 

 

北千住の老夫婦:淡い記憶

f:id:kazu-tabi:20180523075738j:plain

 

北千住駅は開発が進み、路線が多く入り込んでいるためたくさんの方が足を運ぶようになりました。東京方面を中心に多方面にアクセスできるだけでなく、駅周辺の開発が進み、商業ビルが立ち並び、すこし歩けば昔ながらの商店街の面影が残り、居酒屋やパブなど路地裏商店街の様子も残っています。

 

私は田舎から出てきて、北千住は仕事に行くために通る程度なので街の歴史を知りません。駅のロータリーからはショッピングでルミネに向かう人たちや、学校に向かう学生さん、スーツのサラリーマンの方などたくさんの人が往来し、どことなく慌ただしいです。

 

「あれは学生かね?」

 

突然、話しかけられ驚いてしまいました。隣を見るとそこには80歳は越えているであろう老夫婦の方がこちらを向き、ロータリー下で募金活動をしている団体を指して、私に尋ねている様子でした。

 

ロータリー下で活動している人たちは見るからに学生といった感じであったので、

「たぶん、そうだと思いますよ」

 

と、自信なく返事を返したのですが、男性のご老人は、

 

「昔、この辺はね…」

 

北千住駅周辺の60年ほども前のことを語り始めたんです。横にいた奥様が

 

「すみませんね。ダメですよ。お忙しいんでしょうから」と旦那さんを止めに入ったのですが、私は、

 

「大丈夫ですよ、もう仕事も終わって暇をつぶしていたところですから」と言って、おじいさまの話を聞いていました。

 

f:id:kazu-tabi:20180523075811j:plain

 

北千住駅がどう変わってきたのかだけでなく、お二人の生活の様子なども話してくださりました。北千住には昔から住んでおり、今までずっと引っ越しなどもなかったそうです。子宝には恵まれず、ずっとご夫婦で暮らしてきたそうです。

 

おじいさまは、数分間話しをされると、

 

「あれは学生かね?」

 

と先ほどの同じ質問をしてきました。横にいる奥様が、

 

「ごめんなさいね…この人、もうかなりボケてしまってるので、同じようなことを繰り返し聞いてきたりするんです。ここ数年は特にひどくて、この前なんか、私のことを忘れてしまったんですよ。少しするとまた思い出すんですけどね。足腰も弱ってきて、あまり階段も上れないんです。他の病気もわずらっているので、あとどれくらい生きられるかもわかりません。なのに、北千住の街並みが好きなので、無理してこんなところまで来るんです。無理して、何度も。何度も当時のことを語るんです。二人の思い出を。」

 

そのご夫婦にとっては、北千住はそれまでのお二人の思い出が全て詰まった場所。街の開発が進んでも、景色が少し変わっても、一部には昔からの商店街や、路地裏などの街並みが残り、淡い記憶として二人の間に残っている。

 

それから数ヶ月後、私は仕事を辞め、北千住駅には通わなくなりました。それでも、1年に1度くらいは乗り換えなどで北千住駅を通ることがあります。1年ぶりに同じロータリーで北千住の街並みを見下ろします。もう学生の募金団体はいませんでした。学生やサラリーマンの人たちが忙しそうに往来しているのは変わりません。私の目で見ると、1年では街並みは全く変わっていません。

 

60年。あの時出会えたご夫婦からすると、北千住の街並みは大きく変わっていたようです。でも、当時の記憶はそのまま。淡くも、でも強く記憶に残ります。

 

また、北千住に行ってみようかな。あのご夫婦がまた同じ場所にいるかもしれないので。

 

 

 

「好きをお金に変える心理学」(DaiGo著)を読んで

 

f:id:kazu-tabi:20180505080645j:plain

 

DaiGoさんって消えないですよね。テレビで「あの人消えたのかな?」という人って、少しするとまたテレビに出ていたり、定期的に顔を出す人っていますが、DaiGoさんもそんなテレビ人の一人だと思います。

 

でも、本屋を歩いていると、DaiGoさんの書籍ってよく見るんです。そんな中で手にとってみた本が、今回の「好きをお金に変える心理学」です。

 

本マニアって言われるほど、DaiGoさんは本が好きでよく読まれているらしいです。テレビでの仕事よりも本が好きで、それを本業にしたいと思い、テレビの仕事は抑えているのだとか。

 

そんな人が「好きをお金に変える心理学」を書いたというのですから、興味を持ったわけです。

 

私も常々、好きをお金に変える方法を考え続け、書籍を読み漁っています。英語教室を開いており、好きなことを仕事にしていますが、周囲でも世の中を見ても、嫌なことを仕事にしている人が多く、自分なりに世の中が好きな仕事をする時のヒントになるようなことを発信したいと思い、こうしてブログも書いています。

 

好きなことや得意なことを仕事にしていかなくては、もう食べていけない時代に入ったと感じています。

 

会社に勤めていても、いつ倒産や合併、縮小、リストラにあうかわかりません。そんな時に頼れるのは自分の能力や人脈です。必ずしもすぐに転職をしたり、起業をする必要はありません。

 

f:id:kazu-tabi:20180428122146j:plain

 

ただ、やりたい仕事がある場合、もしくはいざという時のために備えとして自己研鑽をしておきたいと考える場合などは、今の会社に勤めながらも、好きなことや得意なことで能力開発をしておくべきです。

 

好きなことや得意なことは大抵そのままではお金に変えられません。例えば映画を見ることが好きだとしても、映画鑑賞を毎日のノルマにして1日8時間見たとして、それが給料にはなりません。映画を見たのであれば、それをどうやって人の役に立てるか、という視点を持たなくてはいけないのです。

 

ただ映画を見るだけではなく、どの映画を見たら良いのか迷っている人たちに向けてどこが見所なのかを自分なりに要約し、自分なりの視点を加え、ブログやSNSなどで公開する。

 

すると、興味を持った人がだんだんブログを見てくれるようになり、PV数が稼げるようになれば広告を貼り付けることで収入を得ることができるようになるかもしれません。

 

しかし、それで生活していけるだけのブログを作りあげるには、まず本当に心から映画を見ることが好きでなくてはいけません。ブログで形にしていくには相当の努力が必要ですし、生活するまでに満たなければ、他の仕事も同時並行でこなさなくてはいけないかもしれません。

 

それでも、好きであれば多少の苦労はいとわないはずです。ドラクエで楽しいのはレベルを上げてボスを倒したり、アイテムをゲットすることかもしれませんが、レベルアップそれ自体はコツコツと努力をしなくてはいけません。

 

しかし、目的のためにレベルアップをすることは、それ自体が楽しければ続けられるはずです。人にもうやめなさい、と言われてもやり続けるはずです。

 

DaiGoさんも、テレビの仕事を辞めた(減らした)理由を、自由を手に入れるため、と話しています。好きな本を読むための時間が欲しかった、と。そんな自由を手に入れられれば、あとは好きなだけ本を読むだけです。仮に誰かに「もうそんなに本なんて読まなくていい!」と言われても、自分の好きなだけ読み続けるはずです。

 

好きなことを仕事にするための方法は著書に参考になることがたくさん書かれています。ぜひ、一度手に取ってみてはいかがでしょうか!